2014年07月28日

見てきました 中村キース・ヘリング美術館


山梨県小淵沢 中村キース・ヘリング美術館へ行ってきました。

エントランス看板
DSCN1623150.jpg

1980年代、ストリートアートの先駆者といえるアメリカの画家である。
メッセージ性の高いリズミカルでポップな絵は自分の心に強い衝撃を受けました。
真面目に美術に取組んでいる人には ? な作品ですかね。

美術館へのアプローチ(気持ち良い)
DSCN1626150.jpg

この小淵沢の中村キース・ヘリング美術館は世界で初めてのプライベート美術館で
北川原温建築都市研究所の設計により2007年に建てられました。
建物は外観も内部もモダンでオシャレでアート的な北川原作品です。内部は写真NG。
山梨方面に行く機会があれば是非チュックしてみてください。

エントランス(エントランス右横は増築工事中仮囲い)
DSCN1627150.jpg

展示室へのアプローチ(本当はかなり暗い)
DSCN1628150.jpg

中庭
DSCN1634150.jpg

現美術館に隣接して新たに増築工事が行われていました。設計はもちろん北川原温です。
完成がたいへん楽しみです。

DSCN1637150.jpg

また、工事用の仮囲いをアートしてました(かっこいい)
KAMI という壁画アートの日本人アーチストによる作品。なんかいい感じ!

DSCN1636150.jpg









posted by グローバル企画設計 at 19:30| Comment(0) | 設計部長のコーヒータイム

シニア丹波島ハウス-現場報告-6

鉄骨建て方進行中。

第二工区

DSCN1598150.jpg

DSCN1599150.jpg

DSCN1600150.jpg

第二工区 1階内部

DSCN1601150.jpg

第二工区 2階部分

DSCN1602150.jpg








posted by グローバル企画設計 at 18:48| Comment(0) | 現場の話

富竹の里デイサービスセンター現場報告-2


いよいよ杭工事が始まりました。

DSCN1641150.jpg

杭芯確認を行い、杭打込み開始。

DSCN1643150.jpg

本工事では鋼管杭・杭長15Mで6M+6M+3Mごとにジョイントを行います。
4〜5M位打込んだところでジョイントを行います。

DSCN1644150.jpg

自動溶接機により正確な溶接を行います(溶接機セット状況)

DSCN1646150.jpg

溶接開始。

DSCN1647150.jpg

溶接状況を確認し続けて杭の打込みを行います。

DSCN1648150.jpg

本工事では計44セット杭の打込みを行います。






posted by グローバル企画設計 at 18:34| Comment(0) | 現場の話