2014年04月23日

見てきました安藤百福記念センター

実は行ったのは去年の5月。
佐久での打ち合わせの帰り、所員3人で見学して来ました。
このホームページのブログに載せたいと思いながら、あっという間に1年が過ぎようとしております‥。

建築家 隈研吾氏デザインの建物がなかなかいい感じで新緑にマッチしていました。
皆様もG・Wにお出かけになってはいかがかなと、遅まきながらご紹介させていただきます。

1.jpg


全長約100mの建物。自然の形状を生かし造成を極力少なくしたそうです。

2.jpg


3.jpg


エントランス:木製ルーバー、木製すだれ状階段手すり、自然素材をふんだんに使用。

4.jpg


5.jpg


ラウンジA:敷地の高低差を生かしたスキップフロア。アウトドアに関する多くの本が置いてある。

6.jpg


廊下:2階へのスロープは床の間接照明と木製スクリーン。

7.jpg


ラウンジB:3方の大きなガラス面、テラスと連続する開放的な場所。くつろぎながら森林浴ができる。

8.jpg


食堂:蛍光灯、灯具縦に吊り下げにちょっとびっくり。
「でもさ、夜には流れ星が降る夜空の下で食事している気分になれるんじゃない?。」
「そうかな〜?。」

9.jpg


カンファレンスホール:浅間連峰を望む。最大200名収容可。

10.jpg


浴室:木目に似た柄の石(黄木紋砂岩)。

11.jpg


12.jpg


すっきりした水回り(すっきりしないものが映り込んでしまいましたが‥)。
そぎ落としたシンプルなデザイン。落ち着いた白と木目のみの色合いや、直接・間接の光との関係が、より解放感をかもしだしているように思いました。








posted by グローバル企画設計 at 15:09| Comment(0) | 設計部長のコーヒータイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: